遺言ポータルサイト

遺言ポータルサイト
遺言ポータルサイト
ご挨拶
遺言

「遺言」では遺言に関するさまざまな情報をご紹介します。
日常用語としてはゆいごんと読まれることが多く、形式や内容にかかわらず、故人が自らの死後のために遺した言葉や文章をいいます。民法上の法制度においては、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示であり、法律上の効力を生じさせるには民法に定める方式に従わなければならないとされています。
遺言書は相続問題に関して多く用いられます。トラブルを防ぐために予め遺言書を用意し、家族に道標を与えることが重要と言われています。遺言書の効力が正しく発揮されるよう、遺言書作成のサポートや、貸金庫での保管をしてくれるサービスを取り扱う業者も存在します。
基本的には配偶者や親、子供や孫に相続されるものですが、家族が大人数の場合、話し合いがこじれてトラブルになってしまうケースも少なくありません。「争続」という言葉もありますが、こうした争いは年々増加傾向にあり、「被相続人と同居していたから他より多く遺産を貰って当然」とか「長男だから」などいう相続人の考え方と、法律や裁判所の考え方とのギャップや、感情的な問題もあり、長期化しがちになるようです。

誰にでも平等に訪れるもの、それが死・・・年々身近になっていくのをひしひしと感じることでしょう。しかし亀の甲より年の劫、今更恐れをなすこともありません。むしろ自分が逝った後、残されるご家族のことが案じられてならないのではないでしょうか。
どんな生き方を選んだとしても人生を終える時、人はなにがしかの遺産を残してこの世を去っていくものです。
自宅や別荘といった不動産、株主優待生活を夢見て買い集めた有価証券、不労所得を生む駐車場や賃貸住宅、あちこちの銀行に預けたもののあれこれ統合したせいで(おまけに通帳も見当たらなくて)どこにどれだけあるのかわからない預金、こつこつ貯めたたんす貯金、ずっと内緒にしていた一等の宝くじ・・・あるいは最後に残ったのは借金だけかもしれません。その負債もまた遺産となります。
遺産相続人が増えれば増えるほど、争いが起こりやすくなります。
遺産を巡って身内同士の諍いや決別が起こらないように、今のうちに遺言を残して大切な人たちの為に手を打っておきましょう。
自分でしたためる自筆証書遺言、証人を立てて行う公正証書遺言が一般的です。子々孫々の繁栄と何よりも身内の結束を願って・・・ご自身の最後の思いの丈をこめて作成しましょう。

企業PR広告
悩み相談・心理カウンセリング<横浜市中区関内>ハートエッセンス
横浜の心理カウンセリング<横浜市中区・関内>悩み相談・電話相談・カウンセリング室「ハートエッセンス」
不動産登記・相続登記・横浜で創業30年の司法書士安西総合事務所<横浜市戸塚区・泉区>
遺産相続・遺言・不動産登記・会社設立登記・手続・費用のご相談は、司法書士安西総合事務所にお任せ下さい。対応エリア(横浜市・戸塚・泉・栄・鎌倉・藤沢・神奈川)